住宅を購入したときの保険の見直し

まず住宅ローンの返済をメインに考え、まとまったお金ができれば繰り上げ返済すると良いでしょう。住宅ローンでマイホームを購入。万一を考えたら死亡保障は増やしたほうが…と不安に思うかもしれません。でも住宅ローンを金融機関で契約するとき、多くの人は「団体信用生命保険」(だんしん)に加入しているはずです。これはローン契約者が返済中に死亡または高度障害になったら、団体信用生命保険の保険会社が残りの債務を肩代わりして払ってくれるものです。最近では重大な生活習慣病になったら返済が免除される住宅ローンも増えています。団体信用生命保険のおかげで、家族にはローン残債のないマイホームを残すことができます。そこで保険見直しのポイントは・・・

死亡保障金額のチェック

団体信用生命保険(だんしん)に加入していると言うことは、今入っている生命保険の金額がダブっていて保障が大き過ぎるかもしれませんね。こういう場合は現在の保険を見直して減額するのか、新しい保険に入り直したほうがよいのか、ファイナンシャルプランナーなどの専門家にアドバイスを求める必要があります。そうすることで今の保険料を減らせれば、貯蓄に回せるお金が出来ます。そのお金で住宅ローンの繰上げ返済をすることを検討しましょう。(預金金利より住宅ローン金利の方が高いはずですので)

・葬儀費用やお墓代のために・・・終身保険で検討を
・残されたご家族の生活費やお子様の教育費などのために・・・平準定期保険や収入保障保険など検討を

医療保障のチェック

「医療保障」には、少し力を入れる方向で見直しが必要です。これは世帯主が病気やケガで長期入院をすれば収入が減って、住宅ローンの返済計画にも影響する可能性があるからです。その他の支出や貯蓄とのバランスを考えながら「入院の給付金の日額が1万円」といった保障の手厚い医療保障なども検討しましょう。

→ 保障が一生涯続く終身医療保険を検討しましょう

仕事ができなくなった場合の保障は?

長期入院に対応した医療保険のほうが、「収入減に対応する」という目的もある程度クリアできます。また長期的に仕事ができなくなった場合、一定期間の収入減をカバーする「所得補償保険」などもありますから、入院や長期療養による収入減が心配な人はこうした保障も要チェックです。

損害保険の分野ですが・・・所得補償保険で対応しましょう。

戸建を購入した方は修繕費の積立を

マンションは修繕積立金を毎月徴収されますが、一戸建の方は将来の修繕費用をご自分で積み立てなければなりません。一定の期間以上で解約すれば払込保険料以上に解約返戻金が戻ってくる終身保険もあります。預貯金でためるより利率がいい場合もありますので検討の余地もあるでしょう。

低解約返戻金型の終身保険などで対応しましょう