結婚したときの保険の見直し

配偶者という家族が増えるわけですから、ある程度の死亡保障を準備する必要があります。 
しかし、お互いが入っている保険を知らないまま保障を増やすと、無駄な保障・無理な保険料になることもあるので要注意。2人にピッタリの保障を手に入れるための方法を考えていきましょう。

まず加入中の保険をチェックしてください。受取人は変更済みですか?
親御さんから配偶者への変更をお早めにしてください。

死亡時の法定相続人は、その時点でお子さんがいたら、配偶者とお子さんのみです。そのままの状態で相続が発生してしまいますと、親御さんが受け取ると税金がかかってしまう可能性があります。また経済的には配偶者が保険金を受け取る必要性のほうがはるかに大きいですね。

ご主人のみならず、奥様の保険の見直しも必要です。

お二人にとって必要な保障は何かを良く話し合ってください。その際には専門家などのアドバイスも参考にしてください。共働きなのか、どちらかが家庭に入ってその方の収入が無い状態になるのかで、加入すべき保険も変わってきます。お二人の今後のライフプランがどうなっていくのか(貯蓄も含め)を話し合われることをお勧めします。

死亡保障は?

ご夫婦ともに万一の時に必要なものとして、葬儀代金やお墓のお金があります。また最近では遺言信託のための資金準備も必要になってきています。相続が争続にならないための準備も必要かもしれません。

→ 一般的には終身保険で準備します。

すでに独身時代に保険料が安い終身タイプの死亡保障に加入済みなら、それは残して、必要な保障額を別の保険で上乗せすることも可能です。「今の保障に検討の余地あり」なら、新しい死亡保障に変更するチャンスかもしれません。世帯主の方に万一の時に必要なものとしては、ご遺族の生活費・住宅関連費などがあります。いざというとき毎月どれくらいあれば生活してゆけるのか、考えましょう。実際には残された配偶者の収入等(遺族年金、貯蓄、仕事)を差し引いて考えなくてはいけません。配偶者が働くのであれば保障額はそんなに大きくはならないでしょう。

収入保障保険、定期保険などで準備します

医療保障は?

<「医療保障」は収入減のカバーにも>

医療保険といっても保障内容はさまざまなので、自分がどのような保障内容を重視したいのかを考えて加入するといいでしょう。たとえば、何日目から保障されるかという点では、5日以上の入院で5日目から保障されるものよりも、入院1日目から保障がされるタイプのほうが給付金を受け取れる確率が高くなると考えます。また1回の入院で何日保障されるかという限度日数にしても60日のものよりも1,000日を超えて給付されるもののほうが保険料は高くなりますので、保障内容と保険料を勘案して加入を検討してください。こうした医療保障は病気やケガの治療費用だけでなく、入院などで起こる「収入減のリスク」に備える意味もあります。

医療保険で対応(終身保障タイプがおすすめ)

<女性のための保障も検討したい>

女性特有の病気などを手厚く保障してくれる「女性専用」の商品も魅力的です。 気をつけたいのは、女性の場合、妊娠中は多くの医療保障に加入制限があること。「そのうち入ろうと思っていたのに・・・」と後悔しないよう、事前に条件などを調べておきましょう。

医療保険の女性疾病特約などで対応

<ガンなどの生活習慣病に備える保障も考えましょう>

いまや二人に一人がガンに罹患する時代になってきました。最近では先進医療に対応する保険も出てきています。ガンの治療には高額に治療費がかかる場合もあります。公的な補償の対象にならない部分は、結局は自己負担になりますので、そのリスクに備えましょう。

がん保険先進医療特約などで対応