終身保険とは

終身保険は保障が一生涯続き、万一の際に必ず保険金が支払われる商品です。また、解約返戻金がありますので、長期的な貯蓄性を兼ね備えた商品とも言えます。ただし、保険会社・保険種類によって予定利率が異なりますのでご注意ください。

定額終身保険

<定額終身保険の仕組み>

保険金額:契約した保険金が支払われます。解約返戻金:契約時に確定しています。

<定額終身保険のポイント>

もっとも一般的な終身保険です。期末に剰余金が発生した場合、配当を受けられる「有配当タイプ」と、配当金のない「無配当タイプ」がありますが、一般的に有配当タイプのほうが保険料が高く設定されています。

低解約払戻金型終身保険

<低解約払戻金型終身保険の仕組み>

保険金額:契約した保険金が支払われます。
解約返戻金:契約時に確定しています。同じ保険会社の定額終身保険に比べて、払込期間中の解約返戻金と、払込終了後の解約金は低く抑えられていますが、払込終了後の解約金は同額になりますので、保険料が割安な分、返戻率(=払込保険料総額に対して解約返戻金の戻ってくる割合)が高くなります。

<低解約払戻金型終身保険のポイント>

払込期間中の解約返戻金が少なく抑えられた分、保険料が割安です。

積立利率変動型終身保険

<積立利率変動型終身保険の仕組み>

保険金額・解約返戻金:保険金額・解約返戻金ともに最低保証されています。
また、資産の運用実績によって、保険金額及び解約返戻金が増加し、一旦増加した金額は、その後減ることはありません。
*この保険資産は、通常の保険種類とは別に区分され、独立の管理・運用が行われています。

<積立利率変動型終身保険のポイント>

積立利率は毎月見直され、その利率が最低保証利率を上回れば死亡保険金額や解約返戻金が 増加します。