保険の選び方と見直し方

あなたのライフステージによって必要な保険は変わっていきます。
あなたにとって必要な保険を一緒に考えましょう。

ライフステージ別の保険の考え方

独身の時→ 結婚した時→ 子供が生まれた時→ 住宅を購入→ 子供が独立→ 世帯主が退職

妻が専業主婦の場合
入院時の保障は専業主婦であっても同じです。
子供が生まれた場合
子供が独立するまでの期間は、親の死亡保障を確保する必要があります。
住宅を購入した時
団体信用生命に加入しましょう。団体信用生命に加入している場合は、大きすぎる死亡保障に加入していないか確認してみましょう。
子供が独立した時
高額の死亡保障は必要性が低くなります。自分自身の入院や手術に備えるための医療保障の必要性が高まります。
世帯主が退職した時
死亡保障は死後の整理資金程度を確保する必要があります。自分自身の入院や手術に備えるための医療保障の必要が高まります。

目的別の保険の考え方

死亡保障を準備したい
・高額の死亡保障は、必要な期間を考えて定期保険で準備しましょう。
・長期間必要となる保障は、終身保険で検討することをお勧めします。
保険の種類 タイプ
定期保険 平準定期保険(更新型/全期型)
終身保険 定額終身 長割り IS終身 変額終身
入院時の医療費をカバーしたい
・入院や手術に備えるために、医療保険への加入をお勧めします。
・病気にかかった時に一時金が受け取れる保障の準備をお勧めします。
保険の種類 タイプ
医療保険 がん保険 定期保障(更新型/全期型)
三大疾病保険 終身保障(短期払/終身払)
学資金を準備したい
教育費がどのくらいかかるのか確認が必要です。
老後の生活資金を準備したい
・貯蓄性が高い保障を検討しましょう。
・資金が必要になる時期に合わせて、保障を選択しましょう。
保険の種類 タイプ
個人保険 確定年金 終身保険
変額保険 終身保険 養老保険 定額終身 長割り IS終身 変額終身

まず、保険期間を決めましょう!

<定期型(更新タイプ)>

ある一定期間、できるだけ安く保障を準備したいという場合に適した掛け捨て型。 保障期間=払込期間となります。更新ごとに保険料が見直されます。更新時に健康告知や診査は必要ありません。

<終身型終身払>

一生涯の保障を準備でき、途中で保険料が上がることはありません。保険料の払込は一生涯必要です。保険会社・商品によって、解約返戻金のあるものとないものがあります。一般的に解約返戻金のある方が保険料は高くなります。

<終身型短期払>

60歳、65歳までといったように所定の時期まで払い込めば、その後は一生涯の保障が続きます。途中で保険料が上がることはありません。終身払に比べて毎月支払う保険料負担は高くなります。保険会社・商品によって解約返戻金のあるものとないものがあります。

必要な保障内容を選びましょう

ここで説明するのは、あくまでも一般的なものにすぎません。実際に支払われる給付金の名称や金額、 支払対象となる保険事故などは保険会社によって異なります。加入を検討される際には、必ず対象となる保険会社の内容をご確認ください。

<1回の入院の保障日数を選ぶ>

可能性が高い短期入院に備える?それとも、費用がかさむ長期入院に備える?
「1回の入院に対して最高何日分まで入院給付金が支払われるか」
この1入院支払限度日数が長いほど安心ですが、その分保険料も高くなります。

<女性疾病や成人病など、必要な特約は?>

女性特有の病気といっても、女性疾病に加えて成人病まで保障してくれるものがあったり、保険会社によって内容が違います。三大疾病になったら保険料が免除される保険料免除特約や通院特約など、下記のようにいろいろな特約があります。(*一般的な名称で記載しています)

成人病特約・短期入院特約・退院給付特約・女性疾病入院特約・介護保障特約・定期保険特約・がん入院特約・長期入院特約・終身保険特約・特定疾病保険特約・通院特約・保険料払込免除特約